派遣社員でカードローンを申込む

消費者金融や銀行カードローンの自動契約機でキャッシングを始めたいけれど派遣社員だから難しいと思っている人もいると思いますが、キャッシングをするためには最低限の条件を満たせばキャッシングの申込は可能です。
自動契約機の使い方
申込条件とは年齢は20歳から69歳までの安定した収入が有ることになっていますので、派遣社員の方でも利用は可能です。

 

[キャッシングの申込条件]

キャッシングの申込条件としてほとんどのところが「年齢が20歳〜69歳までの方で安定した収入があるかた」となっています。
最近ではどこの金融業者でも正規雇用の社員が得ている毎月の給料だけでなく、派遣社員の収入も安定した収入とみなしているのでほとんどの場合、キャッシングの利用は可能です。
ただ、派遣社員に対する貸出しは金融業者によって審査内容にかなり違いが有るようで、派遣社員の契約で月に数日だけの勤務状態ではかなり厳しくなりますし、実際そのような条件下で働いている派遣社員はお断りというところもあります。

 

消費者金融を見ると、派遣社員でも一般の貸出しと同じように扱っている金融業者もあれば、もし派遣先との契約が切れてしまうと次いつ契約できるかわからないということで審査にとおらない金融業者もあります。
また銀行カードローンには前年度の年収が400万円以上必要になるカードローンや、消費者金融と同じ限度額で年収の3分の1以内になったり、勤続年数が1年以上なければ審査が厳しいこともありますが、反対に通常審査で借入れ限度額が100万円以内であれば原則収入証明書の提出は不要の銀行カードローンもあります。

 

派遣社員がキャッシングを申し込む時に申込書の収入欄は、契約時にボーナスを含めて契約する時が有ると思いますが、その場合ボーナスも含めた金額を記入すれば年収も上がり借りやすくなることもありますので覚えておきましょう。

 

[派遣社員で申込むとき注意すること]

派遣社員でもキャッシングの審査で在籍確認がかならずあります。
在籍確認は登録している派遣会社へ電話が入るので、事前に自分あてに電話が入ることを伝えておく必要があります。
派遣の契約時にボーナスを含めて契約することもあると思いますが、申込書の記入欄にはボーナスを合わせた金額を記入することで、そうすれば年収も増えるので少しでも多く借りられるようになるので覚えておきましょう。

キャッシングの返済負担を減らすには?

普段の生活上のお金のピンチに役立つキャッシング。
しかし、キャッシングはお金を借りることであり、借りたお金は利息を加えて返済しなくてはいけません。
上手にキャッシングを活用するには、いくつかのポイントがあります。
キャッシングの利息の負担を少なくするには、次の3つのことを考えておく必要があります。

 

@なるべく少ない金額を借りる

 

お金を借りるにしても、最低限の金額に抑えることです。
必要以上のお金を借りると、その分負担が大きくなります。
借りるお金は、はたして本当に必要なものでしょうか。

 

キャッシングは、専用カードを利用してATMやCDなどでお金を引き出すことで借入を行います。
限度額に空き枠があれば、自由にお金を引き出すことができるのです。
あまりにも簡単にお金を引き出しできるので、自分の口座からお金を引き出しているという錯覚に陥ることもあります。

 

キャッシングを利用する場合には、本当に必要な分だけを借入するようにしましょう。

 

Aなるべく低い金利で借りる

 

キャッシングは、取扱会社や商品により、金利設定が異なります。
多くの会社や商品を比較して、なるべく低い金利を選択することが求められます。
それには、多くの情報を入手して比較検討することです。

 

インターネットなどの比較サイトを上手に活用して、低金利の商品を探し出しましょう。
一般的には「銀行系」のキャッシングが低金利で、人気もあります。
ただし、審査が若干厳しいようですので、自分のスタイルに合った先を選び出すことも必要になってくるでしょう。

 

Bなるべく早く返す

 

利息の負担を少なくするには、借りたお金をなるべく早く返済することです。
余裕があれば、繰上返済などで返済ペースを上げるようにしましょう。
当然、返済はしたが、再度借入しなければいけないような状況にならないようにしましょう。
繰上返済でも、きちんとした計画が必要であるということです。