フリーローンが初めての人に教えてあげたい

キャッシングでは幾ら借入できるのかが気になりますよね。これは、実は個人によって異なります。キャッシングには利用限度額というものがあり、要するに借入れできる金額の限度をしめした数字です。これを決めるのは金融会社です。消費者は個人情報を記載して申込みをしますが、その個人情報を元に金融会社が返済能力を判断し、幾らまでなら融資できるということを決めます。

 

そして、その額が、その人のキャッシングの利用限度額ということになるのです。もちろん年収が多く、安定した職業に就いている人のほうが利用限度額は高くなるでしょう。また細かい点で言えば、勤務年数、婚姻関係、居住形態、居住年数など諸々の条件も考慮されています。さらに重要なのは現在の借入状況です。

 

他社の借入を利用していないか、もしも利用しているのなら幾ら借り入れをしているのか、延滞や滞納記録はないかなどです。これらの情報は、個人信用情報機関というデータ機関で全て自動管理されているので自己申告での虚偽の申請は通りません。では、実際の限度額について説明しましょう。キャッシングは本来、小口融資なので、新規契約だと50万円の利用限度額が限界だとされています。

 

各社で融資限度額が300万円だ、500万円だと設定されていますが、この金額まで融資してもらえる人はほぼいません。ただ、はじめの限度額設定が低かったとしても、返済能力があり信用できる債務者であることを示せば、そこから増額してもらうことは可能です。なので、どのくらい借入できるかは個人次第ということになるでしょう。

 

ちなみに増額をするといっても、ここにも限度があります。「総量規制」という貸付規制の法律があるのですが、貸金業者からの借入は年収の3分の1以内までとされています。例えば年収300万円の人は、どう頑張っても100万円までのキャッシングしかできないということです。これは念頭において利用していくようにしましょう。

 

続きを読む≫ 2014/04/21 20:36:21

キャッシングの返済方法にはさまざまな方式があります。その方式の一つには定率リボルビング方式があります。定率リボルビング方式はさらに、元利定率リボルビング方式と元金定率リボルビング方式の2つに分かれます。前者は毎月の返済日が来る前に借り入れ額の残高を決めておき、その借り入れの残高に利息を加算して返済していくものです。

 

後者は毎月の返済のときにのこっている元金に金融会社が指定する一定の金額を加算し、さらに返済日までに生じた利息をこれに加えて返済していくという返済方式です。元利定率リボルビング方式は元金と利息を定率で支払っていくことになりますが、元金定率リボルビング方式では元金の返済だけが定率となり、これに加えて利息も支払っていく形の返済となります。

 

キャッシングを利用する際には、金融機関がどちらの返済方式に対応しているのか確認しましょう。キャッシングの返済方法には、そのほかに残高スライド定額リボルビング方式というものがあります。この返済方式は借り入れ金額スライド方式とも呼ばれており、もっとも多くの金融会社が採用している返済方式となっています。

 

通常のリボルビング払いでは、借り入れた額が大きくなるほどいつまでも利息ばかりを支払うことになり、元金が減らせなくなってしまいます。この弱点を補うために考案されたのが残高スライド定額リボルビング方式です。この返済方法では残高をスライドさせて返済をしていきますので、毎月元金と利息をプラスした額を着実に返済していけます。キャッシングの返済方式には元利均等返済方式もあります。

 

これは毎月元金と利息を合わせた一定額を返済していくという返済方法ですので、安定した返済ができます。この返済方式であれば、毎月一定の金額を用意して返済してかけばすみますので、利息の支払いが大きいために返済が苦しくなってしまうといったことがありません。この返済方式には、結果的に返済する総額が多くなってしまうという難点もありますが、安定して返済を続けられることにはそれを上回る安心感があります。

 

消費者金融 口コミ

続きを読む≫ 2014/04/21 20:36:21

キャッシングには一括返済とリボルビング返済があります。一括返済は文字通り、借りたお金を返済期日までに一括で返済することです。リボルビング返済は、毎月の返済額を一定金額に設定して長期的に返済をしていくことです。返済負担が少ないのはリボルビング返済ですね。ただし長期返済になるということは、その分の利息がかさむことになります。

 

例えば5万円を年利20%で借りて、毎月1万円のリボルビング返済にしたとします。一度目の返済が「50,000(円)×0.20(%)÷365(日)×30(日)」=「821(円)」で、821円が利息分になります。返済する1万の中に利息を含めて返していく方法と、1万とは別に利息を返す方法があります。1万円に利息を含むと、「10,000(円)-821(円)」=「9,179(円)」となるので、元金の返済分は9,179円です。

 

ということは元金の残高は40,821円となります。しかし1万円とは別に利息を支払えば、元金残高は4万円ですので、こちらの方が返済の管理がしやすくなるでしょう。どうやって利息を支払っていくかにもよるのですが、これでいくと完済には最低でも5ヶ月かかることになります。

 

また、5万円の返済が終わらないうちに借り入れをすると借入残高が増えるだけで、毎月の返済1万円は変わりません。となれば借り入れを繰り返すほど返済期間が延びていき、なかなか返済が終わらないということも考えられるので注意が必要です。

 

その点、一括返済は一度の返済負担が大きいかもしれませんが、利息は1回きりなのでトータルでの利息負担が最小限に抑えることができます。それぞれ、このような特徴を持ちますが一概にどちらがいいとは言えません。

 

一見リボルビング返済の方が負担ですが、お金があるときにまとめて返済することも可能なので、賢く使えばリボルビング返済は便利です。借り入れ金額や金利にもよりますし、自分の借り入れ状況から判断をしましょう。

 

プロミスの審査についてもっと詳しく

続きを読む≫ 2014/04/21 20:36:21

キャッシングの審査時間は金融機関によって違いがあります。主に銀行系と呼ばれるキャッシングは比較的審査時間が長いとされています。それは、診査に掛かる手続きがシッカリしているためではないでしょうか。そのかわり、審査を通過しますと低金利で融資を受ける事が出来る様になります。何より、銀行という信頼度がありますので、安心感があります。

 

審査時間が短いとされている金融機関には、アコムとプロミスとレイクがあります。そのうち新生銀行でお馴染みのレイクですが、審査スピードが最短であるという事で定評があります。そして、何より新生銀行のカードローンですので信頼感があります。審査スピードが最も短いという事ですので融資が行われるスピードも最速であると言う事が言えるのではないでしょうか。

 

ちなみにレイクでは、初めての融資に限り無利息期間サービスを行っていますので、それも人気の理由です。アコムに関しましては、審査が最短で30分とされています。ですがそれには平日の14時までに申し込まれた方限定という条件があります。審査が通りますと即日で融資を受ける事が出来ます。そして、アコムの特徴としましてはホームページ上で審査を受ける事が出来るという事です。

 

融資可能かどうかという事を3秒で審査する事が出来ます。本審査に入る前に融資可能なのかを知る事ができますので、助かるのではないでしょうか。審査項目は質問3つであるという事です。それから、アコムは主婦やフリーターの方に優しい金融機関であると言えます。なぜなら、パートやアルバイトでも一定の収入がある場合は融資を受ける事が出来るかもしれないからです。

 

プロミスは、審査は最短で30分程度になります。そして、即日融資可能です。そういった最短の審査スピードをとっている金融機関は人気が高いと言えます。なぜなら、審査を待つ時間を大幅に短縮する事が出来るからです。それにより即日融資が可能になります。

 

即日借りたいそんなときはキャッシング

続きを読む≫ 2014/04/21 20:36:21

キャッシングはお金を借りること全般を意味しますが、その中でも決められたATMからお金を引き出して返すことをさしています。また、これまで、キャッシングでは借りたお金を翌月一括で返すことをさしていましたが、最近では一括での返済ばかりでなく、毎月いくらかに分けて少しずつ返済していく方式のものも増えてきています。

 

お金を個人に融資するサービスを提供しているのは、銀行系の金融会社や消費者金融系の金融会社です。金銭的な危機にみまわれたときはこれらの会社に相談すればお金を融資してもらうことができます。キャッシングをするときはお金を借りることだけでなく、返済のことも考えたうえで無理のない返済計画を立てていきましょう。

 

無理のない返済計画を立てていくこつは、現在の自分の収入とお金を借りる額とのバランスをよく考えることです。キャッシングをするのに適した額は、現在の収入の10パーセント程度となっています。この割合を超えますと返済をするのが厳しくなってしまい、生活費を補うために他社から新たな融資をしなければならなくなります。総量規制のことを考えてお金を借り入れるようにするのも重要なポイントです。

 

貸金業法の改正により、現在では年収の3分の1を超える金額の融資はできないようになっています。消費者金融系の会社から融資を受ける場合はこの総量規制の対象となります。総量規制は、1社の金融会社から借り入れた額だけでなく、借り入れをした会社すべての借入金が対象となります。これにより、1社で年収の3分の1くらいのお金を借りますと、他社で新たな借り入れをすることが不可能となりました。

 

ただし、銀行系の金融会社は総量規制の対象ではありません。銀行が総量規制の対象とならないのは、銀行は消費者金融と違って貸金業法による規制を受けないからです。総量規制を受けない自由な借り入れがしたいという場合は、消費者金融系ではなく銀行系の金融会社に融資を申し込みましょう。

 

カードローン プライム サー チ♪

続きを読む≫ 2014/04/21 20:36:21